ビジネスサポート

労働保険代行

こんな方には労働保険事務組合の委託をお勧めします

・労働力不足等で労働保険事務を行うゆとりが無い。
・加入手続、事務処理が煩わしい。
・監督署、安定所へ出向くのが不便。

労働保険事務組合とは

事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務処理を代行する、労働大臣認可の中小企業事業主の団体。

事務委託をすると

公共職業安定所、労働基準監督署への事務手続、労働保険料の申告納付及び雇用保険の資格取得、喪失等の手続きを事業主に代わって行う。

事務委託のメリットは

1.事務負担が大幅に軽減される。
2.労働保険料が年3回に分割納付できる。
3.事業主や家族従事者も労災保険に特別加入できる。

事務委託できる事業主とは

常時使用する労働者が金融、保険、不動産、小売、サービス業では:50人以下
卸売の事業では:100人以下
その他の事業では:300人以下

事務委託のできる範囲は

印紙保険料に関する事務及び保険給付に関する請求書等の記載事項についての証明書等の事務を除く労働保険の事務一切ですが、およそ次のものがあげられます。
1 概算保険料・増加概算保険料の申告・納付
2 確定保険料の申告・納付
3 労働保険事務処理委託・委託解除の手続き
4 労災保険の特別加入申請、変更、脱退申請等の手続
5 任意加入申請、保険関係成立届等の手続
6 雇用保険の被保険者に関する届出等の手続
7 その他労働保険に関する諸手続

事務委託の手続は

希望する事務組合に、「委託書」を提出する。
※全国の各商工会議所、商工会では労働保険事務組合を設置し会員サービスの一貫として事務の手続きを行なっています。