新着情報

―飲食業の皆様へ― 広島県の支援制度 アクリル板等パーテーション経費補助金を活用してください

広島県内全域で新型コロナウイルス感染者数が拡大基調にあり、飛沫感染が原因と考えられる感染が全体の約6割を占めていることから、広島県は飛沫感染の予防対策をより強力に進めるため、パーテーションに限定した支援制度を新たに設けました。補助額(上限)は、10万円以内(1店舗につき1回限り)となっています。
なお、10月から開始している広島県の「飲食店における新型コロナウイルス感染症予防対策に関する補助金」と併用することもできますので、積極的に活用していただき、飛沫感染予防対策を講じていただくようお願いします。

パーテーション経費補助金
補助額(上限) : 10万円以内(1店舗につき1回限り) ※事業者ごとでなく、店舗ごとでの申請受付
補助対象 : アクリル板、ビニールカーテンなど、隣席または向かい合う人との飛沫感染対策防止のための物理的な仕切りをするための設備(パーテーション等の仕切りの設置に限定)
対象経費 : 令和2年12月10日(木曜日)から令和3年2月26日(金曜日)までの間に購入設置、支払完了した経費
対象者: 広島県内の飲食店(要件※があります)

※要件…広島県内に店舗があること、業種別ガイドラインを遵守していること、広島積極ガード店に登録していること など(「飲食店における新型コロナウイルス感染症予防対策事業費補助金」と同一)
詳しくは、こちら。
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/stop-infection-hiroshima.html#con2-4